外航貨物海上保険とは|外航貨物海上保険 出張保険 の 無料見積り 海上保険.jp
複数の提携保険会社から選べる 補償内容やサポートサービスを比較してお客様に合った外航貨物海上保険を選べる!!

外航貨物海上保険とは

国際間を輸送される貨物は、海上・航空・陸上輸送中にさまざまな危険にさらされます。滅失や損傷などの他にも、輸送船舶の沈没・座礁、輸送用具の衝突や火災などの大事故もあります。外航貨物海上保険は、このようなさまざまな危険から生じる損害を補償する保険です。輸出貨物については、信用状(L/C)の要求を満足させる合理的な契約をおすすめし、ワールドワイドな事故処理サービス網をご利用いただくことにより、海外での貴社の信用向上にも繋がります。
また、輸入貨物については、貴社が安心できる合理的な契約をおすすめし、迅速な事故処理サービスにより、万一の場合もご満足いただけるものと存じます。

外航貨物海上保険

こんな事業主の方におすすめ

  • ○海外から商品を輸入している
  • ○海外から商品を輸入する計画がある
  • ○海外に商品を輸出している
  • ○海外に商品を輸出する計画がある
  • ○海外に工場や事務所、店舗を持っている
  • ○海外に工場や事務所、店舗を持つ計画がある
  • ○海外展開を計画している
  • ○製造業で海外から商品を輸入している

外航貨物海上保険の補償内容

基本条件

外航貨物海上保険では、英国保険市場において作成された協会貨物約款(Institute Cargo Clauses : ICC)が国際的に普及しています。この協会貨物約款には1963年約款・1982年約款・2009年約款があります。各保険会社では2009年約款を標準約款として適用しておりますが、信用状(L/C)などの指定により1963年約款・1982年約款でお引き受けすることも可能です。各保険会社によって引受は異なります。

戦争やストライキによって生じる損失の補償

戦争・ストライキ危険は、戦争、内乱、革命、謀反、反乱、もしくはこれらから生じる国内闘争、加えてこれらからの状態における捕獲・拿捕や、遺棄された機雷・魚雷、およびストライキに参加する者によって生じる貨物の滅失または損傷の危険です。特款の形でカバーします。

危険の種類と基本条件

○…お支払いします。
×…お支払いできません。(ただし、特約をセットすることにより、お支払いの対象となる場合があります。)
※上記内容はAIU保険会社の内容となります。

外航貨物海上保険の保険期間

外航貨物海上保険では、自動車保険や火災保険のような「○年○月○日から一年間」といった期間建ではなく、「A地点からB地点まで」のように輸送区間によって保険期間(責任の始終)を定める航海建となります。また、「戦争危険」だけは、上記の「海上危険」・「ストライキ危険」と保険期間が異なりますので、ご注意ください。(下記参照)

外航貨物海上保険の保険期間

通常の契約では、貨物が証券記載の仕出地の倉庫や保管場所から、輸送開始のために直ちに積み込む目的で初めて動かされた時から開始し、通常の輸送過程にある間継続し、証券記載の仕向地の最終倉庫または保管場所において輸送用具からの荷卸しが完了した時に終了します。 しかしながら、次のような場合には、たとえ輸送の途中であっても保険は終了しますのでご注意ください。

海上危険・ストライキ危険

  • 通常の輸送過程以外の保管または、貨物の割当もしくは分配のために、倉庫もしくは保管場所において荷卸しされた場合。
  • 被保険者もしくはその使用人が、通常の輸送過程以外の保管のため、輸送車両もしくはその他の輸送用具またはコンテナを使用する事を選んだ時。
  • 本船から荷卸しされて60日(航空機の場合は30日)を経過した時。

戦争危険

原則として海上(航空)輸送中のみが戦争危険の保険期間となり、具体的には、貨物が本船(航空機)に積み込まれた時からの開始、最終荷卸し港(地)で荷卸しされた時、または、最終荷卸し港(地)に到着した日の午後12時から15日を経過した時点のいずれか早い時までで終了です。

保険金をお支払いできない主な場合

  1. 保険契約者や被保険者(※)の故意による損害
  2. 貨物固有の瑕疵(欠陥)または性質による損害
    例)生鮮食料品などの自然的な腐敗・品質の劣化や、鉄鋼製品に自然に生じた錆損
  3. 航海の遅延による損害
    例)納期に間に合わなかったために生じた損害
  4. 荷造・梱包の不完全、コンテナ内への積付不良による損害
    (ただし、「危険開始の前後を問わず、被保険者またはその使用人による梱包または準備の不完全」・「危険開始前に行われた梱包または準備の不完全」にかぎります。) 例)梱包内に十分な緩衝材を入れずに輸送した易損品の破損
  5. 原子力、放射能汚染による損害
  6. 生物化学兵器、生物兵器、化学兵器、電磁兵器による損害
  7. 通常の輸送過程にあたらない期間(保管中など)のテロ危険による損害
  8. 船舶の所有者等の倒産・財政上の債務不履行による損害
    (ただし、被保険者が運送人の経営状態の悪化が、航海の妨げになり得ると通常の業務上知っている、または当然知っているべきである場合にかぎります。)
  9. 間接損害
    例)貨物に損害を受けたために生じた引取り拒否や違約金
  10. 国際連合決議および欧州連合、日本国、連合王国もしくはアメリカ合衆国の貿易もしくは経済に関する制裁、法律もしくは規則における制裁、禁止、制限を受けるとき

 …など

このご案内は、外航貨物海上保険の概要について説明したものです。詳細は保険約款によりますが、ご不明の点がありましたら弊社または引受保険会社におたずねください。ご契約に際しては、必ず「重要事項等説明書」、「保険約款」をご覧ください。